大腸がんなら早めに相談|健康は何にも変え難い宝物

多くの人がかかる病気

聴診器

症状など

大腸がんは、普段の食生活や体質などにより突然起こってしまうことがあります。また、近年、がんになる前の段階の症状であるポリープができる人も増えています。初期症状として分かり易く有名なものに、血便や下血などがあります。このようなはっきりした症状が出てきたら、早めに専門の消化器科がある病院で検査をしてもらうべきです。大腸がんは、食事の西洋化やジャンクフードの広まりなどにより、多種のがんの中でも特にかかる人が多くなってきているがんです。がん特有の症状が出たり怪しいと思われる体調になったら、一時的な対処ではなく専門のクリニックで診察を受けて、必要に応じてがん手術やポリープ切除をしてもらう必要があります。手術の際には、かかった医療機関でカウンセリングを受けます。

よく行われている手術

実際に大腸がんの手術を受ける時には、自分が悩んでいることや手術について分からない点などを医師に相談するべきです。そうすれば、自分の抱えている大腸がんについて、余計な不安に襲われたり悩むことが少なくなるでしょう。手術の例を挙げると、例えば多くの病院で行われているポリープ手術では、切除する前に麻酔をし、その後にポリープができている箇所を切り取ります。切除の時は麻酔が効いているので痛みは感じないのですが、手術の後はしばらく安静にするべきです。ポリープ切除で痛みを感じるのは、体内をカメラが動き回る時くらいだと言われています。そのため、手術の時の痛みについては、ほとんど心配する必要はありません。その他の各種の大腸がんの手術も、以前より成功率が上がってきています。最新の手術の動向や自分に合った手術を考えるためにも、いくつかの専門機関にあたって最適な方法を選びましょう。